『夜霧のベルゲン・ベルゼン〜ふたりのアンネ〜』開催決定!!

おひさま冒険団本公演『夜霧のベルゲン・ベルゼン〜ふたりのアンネ〜』開催決定しました。

『夜霧のベルゲン・ベルゼン〜ふたりのアンネ〜』
作・演出 香取大介
演出助手 奥山貴章

【場所】 中野スタジオあくとれ
(道順のご案内)
http://studioactre.sunnyday.jp/mitijyun.html

【日にち】
2017年 2月9日(木)~2月12日(日)
2月 9日(木) 19:30~
2月10日(金) 14:00~ 19:30~
2月11日(土) 14:00~ 19:00~
2月12日(日) 13:00~ 17:00~

【チケット】
当日、前売り券共に 3000円
※前売り券には当日、ひなさく堂さんの大判焼きがお土産をつけさせていただきます。お帰りになられましたら、どうぞ温めてお召し上がりください。
※2016年12月1日チケット発売!

【出演者】
吉良竜矢

宮武真優
たまゆり笑
豊川未智
立花聡一朗

矢野瑞季
愛河美帆
林隼平
五十嵐育也
間宮詢
鈴木泰雅
青木薫子
麻生奈緒
知花梨花
北口壘年

【この作品について】
副題に、アンネ・フランクの名前を記しておりますが、この作品の登場人物にはアンネは登場しておりません。アンネ・フランクをモチーフにはさせていただきました。

「アンネの日記」は世界中を虜にするほど数多く出版され、誰もが一度は聞いたことがある出版物となっております。また、アンネは数々の童話やエッセイを残しておりました。本当に14、5歳の少女が書き残したのかというほどの、成熟した人間性や愛がそこには描かれております。

「私の望みは、死んでからもなお生き続けること!」

この彼女の信念を元に本作品は作成しております。

一人の市民が、一人の少女が、母が−−−−−−−−
戦争を描くのではなく、一人一人の心の模様を映し出していく作品です。

支配する側と支配される側の思考を舞台化し、現代に蘇らせます。また、「人間とはなんだ」という観点で「生と性」についても触れて行くことで。人間が生きる意味とはなんだ。幸福とはなんだ。心の拠り所とはなんだ。そんなイデオロギーを一つの側面から描いて行きます。

タブー視されている部分に触れつつも、基本的にはアンネの言葉の記録を紡ぎながら現代に生きる私たちに「本当の幸せとは何か」「豊かさとは何か」を求めてみたく思います。

この作品のテーマは

孤独の中の豊かさ。人の生命の美しさ。
そして、世界平和。です。

おひさま冒険団の青年たちが、自分たちにしかない熱量でご来場くださった皆さんと一緒に波動を感じてみたいと思います。

皆様のご来場、心よりお待ち申し上げております。